たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2014年07月29日

出産予定日を過ぎても陣痛が来ない妊婦さん

出産予定日が2日過ぎた30歳の主婦。明日から入院して陣痛促進剤の治療予定で上手くいかなければ帝王切開になるという。鍼灸治療で陣痛が来るようにして欲しいとのことで来院された。

初産でずっと順調に来ていたが4日前の検診では子宮口が硬いとのこと。胎児は3200gで医者からは先ず2~3日陣痛促進剤を使うことを提案されている。出来れば自然な分娩を望むが1回の鍼灸治療で陣痛が来るかとの質問。

3日くらいの期間が欲しいが出来るだけの治療をしてみるとお話しして治療を始める。お腹を診ると思ったよりも張ってない。交感神経を抑制するためにF1F2F3H6の井穴刺絡。百会刺絡。三陰交、至陰のお灸。数日前から軽い腰痛があり仙骨部の圧痛点にパイオネックス3個。病院でも三陰交、F4F3をパイオネックスで刺激するようにお話しして治療終了。

数年前38歳の初産の妊婦さん。出産予定日を1週間過ぎこのままでは3日後に帝王切開になるという方の治療をしたが近所だったので朝夕2回の治療を続けたら手術予定日の朝陣痛が来て普通分娩で出産された。治療はある程度結果を予想できる場合もあるがやつてみないと分からない場合もある。よく患者さんと話をして同意を得てやってみればいいと思う。

出産に関していえば昔から言い伝えられている安産のツボ「三陰交」に妊娠5か月以後お灸をすえることをお勧めする。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村




  • 同じカテゴリー(小児・婦人科)の記事画像
    妊娠初期の腰痛・胃痛・胃もたれ
    子宮頸がん検診で異形成細胞が見つかった
    子宮腺筋症による月経痛、下腹部痛、腰痛
    起立性調節障害(体位性頻脈症候群)に対する井穴刺絡
    中学生男児の起立性調節障害(頭痛・立ちくらみ)鍼灸治療
    不妊治療と体調UPの鍼灸治療
    同じカテゴリー(小児・婦人科)の記事
     不妊治療・体外受精をやる前に鍼灸治療 (2017-03-28 00:05)
     起立性調節障害(消化器症状とふらふら感) (2017-03-05 21:59)
     小児の突発性難聴 (2016-12-17 21:39)
     もうすぐ出産、安産のための鍼灸治療 (2016-12-11 22:50)
     起立性調節障害(だるさ・めまい・頭痛・腹痛・耳鳴り) (2015-12-12 20:52)
     二回の治療でうまくいった不妊治療 (2015-10-25 13:58)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    <?=$this->translate->_('削除')?>
    出産予定日を過ぎても陣痛が来ない妊婦さん
      コメント(0)