たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2014年07月25日

むずむず足症候群(薬物治療と井穴刺絡)

58歳男性。1年半前にむずむず足症候群の症状が出て神経内科で「リボトリールやビ・シフロール」を使ったが効果がなく、別のところで超音波療法を数回やったら発症から3ヶ月ほどで治まった。神経内科医はそれは偶然でしょうとのことだった。

今回2か月前からまた同様の症状が始まり今度は先ず超音波療法を4回やってみて効果がなく、神経内科でリボトリールを処方されたがやはり効かなかった。医者は今まで使ってないニュープロパッチを処方した。1週間ほど使っているがこれはよく効いて80~90%症状が抑えられているそうだ。

この薬が効くのは分かったがずっと使い続けるのは抵抗があり井穴刺絡で薬の代用が出来ないかと来院された。稲舛先生の動画を見て自分でやってみたがどうしても血が出ないのでやり方を教えてほしいとの申し出である。自分でやっていただくとやはり出ないが、私がやってみるとそんなに出にくいこともなく充分出血する。

1時間ほど指導して基本はH5F5で時にF4を1週間続けるように、しかし薬がよく効いているのでそれ以上に刺絡治療で効果があるかは疑問と伝え井穴刺絡がどのくらい効いているかは薬を一時中断して確かめるしかないとお話しした。

三日後、電話があり自分では上手く出血できないが奥さんにやってもらっているとのこと。10日後にまた連絡があり1回薬を中止してみたら1日目は問題なかったが2日目にむずむずが出てきたそうだ。

何が原因になっているのかお話を聴いていると、寝るのが朝6時くらいで起きるのが昼過ぎと生活が昼夜逆転している。文筆業でもう何十年もこの生活だそうだ。既往歴として25年前にかかった帯状疱疹の後遺症で体幹部に触るだけで痛みが走るそうでこれも出来れば治療したいとのこと。次の機会には頭部刺絡を覚えていただく予定。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村


  • 同じカテゴリー(脳・精神・神経)の記事画像
    いつまでも続く下まぶたの痙攣(眼瞼ミオキミア)の刺絡治療
    脳出血後遺症による半身のしびれ感と刺絡治療
    20年続いているのどの異物感(梅核気 ヒステリー球)
    眼精疲労による眉間の奥の痛みとうつ症状
    10年来の頭痛、片頭痛、頭皮違和感
    脳梗塞後遺症による視床痛
    同じカテゴリー(脳・精神・神経)の記事
     自律神経失調症と言われた女子高校生 (2017-07-13 19:44)
     帯状疱疹の前兆?背中の痛み (2017-05-26 21:59)
     眼窩内腫瘍手術後の目の不調 (2016-08-01 22:32)
     帯状疱疹後神経痛と疲労感 (2016-07-16 20:21)
     回転性のめまいとぎっくり腰 (2016-06-27 20:40)
     神経痛様の肩首の痛みは帯状疱疹だった (2016-01-13 21:19)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    むずむず足症候群(薬物治療と井穴刺絡)
      コメント(0)