たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2014年06月20日

急性膀胱炎から排尿困難(神経因性膀胱?)

30歳代の女性会社員。23年12月に急性膀胱炎になったが抗生物質の服用でよくなったように思われた。しかし24年1月から膀胱の痛みをずっと感じるようになった。過活動膀胱の薬を処方されたが症状は変わらず正常な尿意を感じなくなった。

病院を変え再度診察を受け神経因性膀胱と診断され、薬も幾つか試して今は2種類の抗不安薬とα遮断薬を飲んでいる。昨年と今年尿閉を起こし病院で導尿をした。大学病院で検査もして残尿はあるが目立った異常はないと言われ経過観察中とのこと。

現在の辛い症状は膀胱の下部から尿道が常に痛く、尿が溜まって来るにつれて痛みがひどくなる。排尿するまでに時間がかかる。(2、3分~60分) 普通の尿意でなく痛みが尿意に代わっているようで我慢しているとすぐに排尿できず尿閉になりそうとのこと。抗不安薬は飲まないと痛みがよりひどく足までズキズキ痛む。

お腹を診ると恥骨の上部に圧痛多数。治療は骨盤底筋や排尿の筋肉が過緊張を起こしているのではないかとの推定のもとにF1F2F3F4の井穴刺絡。腹部圧痛点にパイオネックス。仙骨部、足陰経の圧痛点に施灸。自宅で足湯とピソマの井穴刺激、お灸をしながら今年5月10日から5回治療した。

すっきり治っていないが痛みの程度が軽くなり時に忘れていることもある。正常な尿意はまだだが初診時より改善している実感はある。下腹部の圧痛点も減っているのでもう少し継続治療予定である。

器質的疾患はなくとも泌尿器にトラブルがあると外出や仕事に支障が出て、気分も落ち込み軽いうつ症状にもなる。自宅で出来る治療もあるので困っている方はぜひ試していただきたい。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村


  • 同じカテゴリー(泌尿・生殖器)の記事画像
    慢性前立腺炎による激しい前立腺痛
    絶え間ない尿意切迫感・頻尿と排尿痛
    急性膀胱炎に効果があった一例
    慢性前立腺炎らしい頻尿
    間質性膀胱炎の治療経過
    過活動膀胱の悩みと鍼灸
    同じカテゴリー(泌尿・生殖器)の記事
     過活動膀胱・夜間頻尿の鍼灸治療 (2015-11-01 21:18)
     慢性前立腺炎による会陰部灼熱感と手足のほてり (2014-09-28 22:45)
     排尿恐怖で自宅以外で用がたせなくなった女子高生 (2014-05-12 22:12)
     慢性前立腺炎による激しい前立腺痛 (2013-01-10 00:25)
     絶え間ない尿意切迫感・頻尿と排尿痛 (2012-08-27 00:14)
     急性膀胱炎に効果があった一例 (2012-05-13 23:03)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    <?=$this->translate->_('削除')?>
    急性膀胱炎から排尿困難(神経因性膀胱?)
      コメント(0)