たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2013年11月18日

不眠・過敏性大腸炎・排尿障害で困っている大学生

大学6年生男子。就職も内定して来春から社会人としてスタート予定だが、それまでに何とか体調不良を治したいと来院された。不眠は中学生のころから始まり大学3年の時ひどくなり心療内科を受診してそれ以来睡眠導入剤を飲んでいる。不眠のタイプは入眠障害で寝つきが悪く薬を飲まないと朝まで眠れないことがある。短時間型の睡眠剤を3種類処方されているが最近効きにくくなっている。睡眠剤ははやく止めたい。

お腹の症状は下痢しやすく1日2~4回トイレに行く。やはり中学生の時から始まり何件か病院に行ったが、どこでも過敏性大腸炎と言われた。今は薬を飲んでない。朝食を取ると通学時トイレが気になり朝食抜きが多くそのためか体重も47kgとやせている。

排尿に関してはおしっこがすぐに出ない。排尿が始まるとスムーズに残尿感もなくすっきりするが出始めるまでにものすごく苦労するそうだ。公衆トイレは使えず、他人と並んで用を足すことが出来ないので今は個室に入り小便をしている。どうやったらおしっこが出せるのか分からなくなってしまったと言う。過去に泌尿器科で検査をしたが異常はないと言われた。おそらくいくら排尿したくても人が見ていると緊張して出せない状態に似ていると思う。

交感神経緊張による症状が多いので初回治療はF1F6F3F4H6の井穴刺絡と百会の刺絡。体の冷えに対して天枢、関元、失眠、大腸兪、身中に施灸。鍼灸は初めてで緊張していたが治療後はお腹が柔らかくなり体が温かくなる。体内時計をリセットするために生活リズムを出来ることから変えてもらうことにする。本人曰く『どの症状も医者をはじめ家族も理解してくれないのは辛い』 次回は小中学生時代の様子、家庭に精神的なストレスがないかなどもう少し掘り下げて原因を探り自宅治療を指導する予定。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村


  • 同じカテゴリー(不定愁訴・体調管理)の記事画像
    出産後ひどくなったPMS・不安神経症・不眠症など自律神経症状
    脊柱管狭窄症と良性発作性頭位めまい症の鍼灸治療
    むち打ち症の後から続いている慢性疲労
    うっ血性心不全の後から発症した両下肢の冷え
    うつ症状による体調不良と気管支喘息
    起立性調節障害の妹と仮性近視の兄
    同じカテゴリー(不定愁訴・体調管理)の記事
     不調の原因は降圧薬の効きすぎか? (2017-06-01 23:43)
     耳鳴り、食欲不振、下痢、気分も落ち込んでいる (2017-05-12 22:47)
     肩こり、座骨神経痛、むくみ、生理痛 (2016-08-31 23:58)
     虫歯でないのに歯が染み痛む (2016-03-08 23:13)
     ドライマウス 唾液が出にくく口が乾く (2016-01-30 00:20)
     自律神経失調症?(多量の寝汗・手足のだるさ・下痢・眼精疲労) (2015-12-22 23:00)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    不眠・過敏性大腸炎・排尿障害で困っている大学生
      コメント(0)