たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2013年03月02日

井穴刺絡とお灸で逆子治療

妊娠35週に入った主婦。二人目の出産になるが32週目くらいから逆子と言われこのままだと16日後に帝王切開する予定になっているとのこと。

医師から特別の指示はなく最初は帝王切開でもいいと思っていたが、だんだん恐くなりやはり普通分娩で出産したいので鍼灸治療で逆子を返したいと来院された。三年前に第一子を普通分娩で出産している。

ご自身の体調に問題なく胎児はやや小さいが順調に経過している。治療は足湯をして三陰交のお灸とF4の井穴刺絡。自宅で三陰交、至陰のお灸を続けるとともに逆子体操をするようにお話しする。4日後二回目の治療。前回治療後胎児の位置が少し変わったような気がするとのこと。

治療部位は前回の治療に列欠の鍼と百会の刺絡を加える。今回は治療中におなかの動きが激しい。3日後に検診があるのでその結果で以後の治療を考えることにする。自宅では足湯、散歩、三陰交と至陰のお灸、逆子体操を続けていただく。

一般的な治療効果は治療開始の時期や胎児の状態で違うが早いと1~2回で返る。なるべく早くお灸をした方が成功率が高い。37週や38週でも5割は返るのであきらめないでやってみるといい。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村


  • 同じカテゴリー(小児・婦人科)の記事画像
    妊娠初期の腰痛・胃痛・胃もたれ
    子宮頸がん検診で異形成細胞が見つかった
    子宮腺筋症による月経痛、下腹部痛、腰痛
    起立性調節障害(体位性頻脈症候群)に対する井穴刺絡
    中学生男児の起立性調節障害(頭痛・立ちくらみ)鍼灸治療
    不妊治療と体調UPの鍼灸治療
    同じカテゴリー(小児・婦人科)の記事
     不妊治療・体外受精をやる前に鍼灸治療 (2017-03-28 00:05)
     起立性調節障害(消化器症状とふらふら感) (2017-03-05 21:59)
     小児の突発性難聴 (2016-12-17 21:39)
     もうすぐ出産、安産のための鍼灸治療 (2016-12-11 22:50)
     起立性調節障害(だるさ・めまい・頭痛・腹痛・耳鳴り) (2015-12-12 20:52)
     二回の治療でうまくいった不妊治療 (2015-10-25 13:58)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    井穴刺絡とお灸で逆子治療
      コメント(0)