たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2013年02月08日

6歳女児のアレルギー性紫斑病(血管性紫斑病)

アレルギー性紫斑病と診断された6歳女児。最初は足が痛いと言っていた。医者に連れて行ったらジャンパー膝と言われた。しばらくしてお腹が痛いと言い出した。医者からは胃腸炎(ノロウィルス?)でしょうと言われた。

その後足に紫斑が出た。しばらくするとその紫斑は消えたがやはり足が痛いとかおなかが痛いというので医者に連れて行きデジカメで撮った紫斑を見せたらアレルギー性紫斑病を疑い検査をした。

アレルギー性紫斑病は3歳から10歳くらいの小児に発症する末梢血管の炎症性疾患で主な症状は①下肢、臀部、手などの皮下出血(紫斑)②腹痛(時に激痛) ③関節痛(主に膝や足首) ④浮腫み ⑤腎炎。

①②③が同時に出れば診断も容易だが単発的に症状が出ると確定診断が遅れることもある。また関節痛も痛くて歩けないくらいから少し痛いくらいまで様々で、腹痛の程度も個人差が大きい。

この子は割りと軽症で経過観察中とのこと。今は足が少し痛い程度で、ふくらはぎやすねに紫斑が少し出ている。治療は腎炎予防の為のF3井穴刺絡とH5F5の井穴刺絡。最初は少し恐いと言っていたが、痛くないと分かると後はスムーズに治療できた。母親に数日続けてもらい経過を教えていただくことにした。

約3年前かなりひどいこの病気の6歳男児を治療した。最初は足が痛くて歩けず、紫斑が下肢、臀部、手と広範囲に出て腹痛もひどかった。ステロイド剤の副作用で顔もふくれて(ムーンフェイス)いた。お母さんが鍼灸治療に熱心で最初の1ヶ月ほぼ毎日治療につれて来た。

症状が落ち着いた後は自宅治療と週1回の通院で元気になった。担当の医者も慎重でよくなった後も2年間定期的に腎臓の検査を続けた。再発もなく今はもう大丈夫とのことで検査は終了となり元気に学校に行っている。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村


  • 同じカテゴリー(小児・婦人科)の記事画像
    妊娠初期の腰痛・胃痛・胃もたれ
    子宮頸がん検診で異形成細胞が見つかった
    子宮腺筋症による月経痛、下腹部痛、腰痛
    起立性調節障害(体位性頻脈症候群)に対する井穴刺絡
    中学生男児の起立性調節障害(頭痛・立ちくらみ)鍼灸治療
    不妊治療と体調UPの鍼灸治療
    同じカテゴリー(小児・婦人科)の記事
     不妊治療・体外受精をやる前に鍼灸治療 (2017-03-28 00:05)
     起立性調節障害(消化器症状とふらふら感) (2017-03-05 21:59)
     小児の突発性難聴 (2016-12-17 21:39)
     もうすぐ出産、安産のための鍼灸治療 (2016-12-11 22:50)
     起立性調節障害(だるさ・めまい・頭痛・腹痛・耳鳴り) (2015-12-12 20:52)
     二回の治療でうまくいった不妊治療 (2015-10-25 13:58)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    6歳女児のアレルギー性紫斑病(血管性紫斑病)
      コメント(0)