たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2013年01月24日

十年来の耳鳴治療と生理痛

高校生の時一日3時間睡眠で1年ほど過ごしていたら、急に大きな耳鳴とめまいに襲われた28歳の女性。睡眠を充分取ったら大きな音の耳鳴は治まったが、それ以来ジィーとかボーという高い音の耳鳴がずっと続くようになった。聴力の低下はない。

現在耳鳴は続いていてときどきめまいや大きな音の耳鳴が急に来るので心配がたえない。他に2年前から職場の人間関係からパニック障害になり、だいぶ安定してきたが睡眠剤と漢方薬を飲んでいる。耳鼻科は10軒ほどまわり治療を受けたが改善しない。半年前から耳鼻科の専門病院で抗アレルギー剤と漢方薬を処方されている。

いろいろな治療をして治らず10年も長引いている耳鳴りの治療は難しいが、可能性のある鍼灸治療を一つひとつ試して解決の糸口を見つけるしかない。①交感神経の異常 ②副交感神経の異常 ③首や肩の凝り ④内臓の機能低下 ⑤耳鳴の特効穴が効くか ⑥頭部や手足にある耳の反射部位の反応 ⑦冷え性の体質改善と耳鳴の関連等。

初回の治療は足湯をしてH5F5の井穴刺絡。直後効果はなかったが、5日間自宅で続けてもらい変化を観察していただくことにした。5日後2回目の治療。手の刺絡は上手く行くが足は充分出血しないとのこと。充分足を暖めて左F1F6左右F4と百会。また5日間続けて頂くことにした。

ぜんぜん効いていないのかと思っていたがこの半年毎月生理痛で困っていたが、今回は生理痛がないのに今日気付いたとのこと。おそらくH5F5の効果だと思われる。耳鼻科では聴力低下がないと耳鳴に慣れてくださいと言われることも多いが気になると気分まで沈んでQOLが低下する。何とかポイントを探し出したい。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村




  • 同じカテゴリー(感覚器疾患)の記事画像
    視力が安定しないぶどう膜炎で通院中の女性
    後部硝子体剥離による飛蚊症(ピカピカ光る)
    耳鳴りが取れない突発性難聴
    井穴刺絡によるメニエール病(難聴・耳閉塞感)治療
    あきらめないで耳鳴りの鍼灸治療
    メニエール病(めまい、難聴、耳鳴、耳閉感)
    同じカテゴリー(感覚器疾患)の記事
     慢性副鼻腔炎と発汗異常 (2017-10-02 20:02)
     副鼻腔炎(蓄膿症)の症状緩和 (2017-09-14 21:59)
     首を左右に倒すと耳鳴りがする (2017-08-08 23:47)
     強度近視と緑内障 (2017-07-09 20:53)
     急な回転性めまい・メニエール病? (2017-06-21 21:32)
     自律神経と目の関係 (2017-04-12 22:29)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    十年来の耳鳴治療と生理痛
      コメント(0)