たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2012年05月28日

眼瞼下垂から始まった眼瞼痙攣

10年以上眼瞼下垂と眼瞼痙攣に悩んでいる50歳代の男性。最初に眼瞼下垂が起こった。原因は花粉症で目や瞼を強くこすって眼瞼挙筋を傷つけたのではないかと言われた。6年前に手術を受けた。その半年後に両側性の眼瞼痙攣が始まった。

4年前からボトックス療法を受けている。最初は3ヶ月に1回の注射だったが今は2ヶ月に1回合計17回している。ボトックスは薬が切れるときは急に切れるので効いているか否かはすぐに分かるとのこと。今は注射後1ヶ月でまだ薬が効いている状態だが、光のまぶしさやこわばり感がある。

治療は痙攣を鎮めるH5F5を2回。これで視力表がくっきりしてきた。眼精疲労の治療として目の周囲に円皮針を貼り、瞼に知熱灸を2壮。自宅でH5F5の井穴刺絡を1週間続けてもらうことにした。

8日後2回目の治療。自宅で治療してみて何となく調子がいい。具体的には目が開けやすい、光のまぶしさが軽くなっているとのこと。自分に合っているようなのでもう少し続けてみたいそうだ。今回はH5F5にF6と目窓、百会の刺絡を追加した。さらに今週は自宅で1日おきに治療してもらうことにした。

発症後かなり時間が経過しているが治療効果が感じられるのでしばらく継続治療することにした。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村


  • 同じカテゴリー(脳・精神・神経)の記事画像
    いつまでも続く下まぶたの痙攣(眼瞼ミオキミア)の刺絡治療
    脳出血後遺症による半身のしびれ感と刺絡治療
    20年続いているのどの異物感(梅核気 ヒステリー球)
    眼精疲労による眉間の奥の痛みとうつ症状
    10年来の頭痛、片頭痛、頭皮違和感
    脳梗塞後遺症による視床痛
    同じカテゴリー(脳・精神・神経)の記事
     脳脊髄液減少症治療その後の経過 (2018-06-03 19:53)
     脳脊髄液減少症による多彩な不定愁訴 (2018-05-31 20:25)
     脳梗塞による手足の後遺症 (2018-05-13 16:53)
     起立性調節障害と診断された小学生 (2017-12-24 00:12)
     自律神経失調症と言われた女子高校生 (2017-07-13 19:44)
     帯状疱疹の前兆?背中の痛み (2017-05-26 21:59)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    眼瞼下垂から始まった眼瞼痙攣
      コメント(0)