たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2012年05月08日

眼精疲労と胃の不快感

30歳代の女性会社員。元来胃が弱いと感じたことはなかった。しかし今年3月に胃の重苦しさと痛みが続くので医者に行き薬をもらった。それを飲んでかなりよくなっていたが、また一週間前から調子が悪くなった。症状は食欲はないが食べると一応お腹に入る。しかしその後もたれる。食べた後消化が悪くいつまでもすっきりせず、空腹時には時々腹痛が起こる。

仕事はほとんど一日中パソコン操作で目が疲れ首や肩が辛いそうだ。鍼灸は初めてで少し緊張しているが、以前弟が鍼灸治療で劇的に胃の調子がよくなったので自分もやってみたいとのことで来院された。

先ずベットに横になり腹診をするとみぞおち部と左季肋部に圧痛がある。本人にも押してもらい確認させる。最初にこの圧痛を軽減するため左F1F6の井穴刺絡。圧痛を再度押して軽くなっていることを確認してF4。お腹が動き出したのかグゥーグゥーと鳴り出す。

次に眼精疲労の治療をする。視力表の見え方と部屋の明るさを覚え目を閉じてもらい目の周囲6ヶ所に円皮針を貼った後、目を開けて確認すると改善している。前頭部2ヶ所の刺絡でさらに明るさとくっきり感がよくなる。ここでうつ伏せに寝てもらい後頭部の凝り二ヶ所に刺鍼。背中のツボで押して胃に響くところ4ヶ所にお灸3壮。

ここでベットに座って胃と目の状態を確認する。頭がすっきりして軽い、胃は来院時と比べて80%改善しているという。最後に百会の刺絡をして治療終了。自然な食欲が出るまで無理に食べない。食物は一品しか口に入れない。水分で流し込まない。胃酸の過剰分泌を抑える食生活の注意事項をお話して自宅施灸をしばらく続けることにした。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村


  • 同じカテゴリー(胃腸・消化器)の記事画像
    胃腸の不調からくる背中や腰の強張り
    腰痛と便秘・肩の運動制限に井穴刺絡とパイオネックス
    食欲不振と下痢が続き体に力が入らない主婦
    小児の潰瘍性大腸炎・寛解維持の鍼灸治療
    しつこい下痢・過敏性腸症候群の井穴刺絡鍼灸治療
    自律神経由来の胃痛と胃の圧迫感
    同じカテゴリー(胃腸・消化器)の記事
     急性虫垂炎に井穴刺絡とお灸・ピソマ (2015-08-24 22:31)
     潰瘍性大腸炎の高校生にお灸と井穴刺絡 (2014-11-12 22:26)
     大腸がん検診(便潜血反応と腫瘍マーカー) (2014-10-02 21:31)
     ピロリ菌除菌・逆流性食道炎・機能性ディスペプシア (2014-09-23 22:19)
     慢性便秘に対する井穴刺絡 (2014-08-16 19:21)
     不眠症から過敏性腸症候群と不定愁訴に井穴刺絡とお灸 (2014-04-28 22:10)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    <?=$this->translate->_('削除')?>
    眼精疲労と胃の不快感
      コメント(0)