たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2012年04月01日

生活環境の変化で再燃した自律神経症状

この春北関東の高校を卒業して二週間まえに音楽大学進学のために上京してきた18歳の女性。高校2年の頃からめまい、頭痛、肩こり、気分の落ち込みなどの自律神経症状が始まり抗うつ剤などの薬物治療を受けていた。今年の2月には症状が落ち着き3月から薬も中止していた。

上京して一週間経ったころから夕方から上記の「めまい、頭痛、肩こり、気分の低下」の症状が出て寝るまで続くようになった。朝はすっきり起きられ体調も普通になっているが、毎日夕方から体調悪化に悩んでいるとのこと。こちらで薬を1週間飲んだがよくならないと言う。母親に相談して当院を受診した。

予約時間は16時で今は頭痛と肩こり、気分が落ち込んでいるという。話をしているうちに気持ちが昂ぶったのか泣き出してしまった。話を聞いていると新生活でのストレスが大きいようだ。(集合住宅で自由に楽器の練習ができないことや体調不良のまま一人で生活できるのかの不安など精神的な要素)

頭痛と肩こりを指標に症状の改善を確認しながら治療を進めた。井穴刺絡、背部兪穴の浅い鍼、知熱灸、円皮針を使用した。患者は鍼灸治療は初めてであったが、頭痛は100%肩こりは90%気分の落ち込みは70%良くなった。本人も治療で症状はよくなると実感して少し安心したようだ。楽器の練習場も悩みの種のようなので知人の音楽家に相談して教えていただいた。

治療の翌日は夕方少し肩が凝ったが普通に過ごせた、翌々日は何も症状は出ず安心したと連絡があった。明日から学校が始まるそうだが早く新生活に慣れ楽しく充実した学生生活を送って欲しい。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村


  • 同じカテゴリー(不定愁訴・体調管理)の記事画像
    不眠・過敏性大腸炎・排尿障害で困っている大学生
    出産後ひどくなったPMS・不安神経症・不眠症など自律神経症状
    脊柱管狭窄症と良性発作性頭位めまい症の鍼灸治療
    むち打ち症の後から続いている慢性疲労
    うっ血性心不全の後から発症した両下肢の冷え
    うつ症状による体調不良と気管支喘息
    同じカテゴリー(不定愁訴・体調管理)の記事
     若いのにLOH症候群のような症状 (2017-10-13 21:50)
     不調の原因は降圧薬の効きすぎか? (2017-06-01 23:43)
     耳鳴り、食欲不振、下痢、気分も落ち込んでいる (2017-05-12 22:47)
     肩こり、座骨神経痛、むくみ、生理痛 (2016-08-31 23:58)
     虫歯でないのに歯が染み痛む (2016-03-08 23:13)
     ドライマウス 唾液が出にくく口が乾く (2016-01-30 00:20)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    生活環境の変化で再燃した自律神経症状
      コメント(0)