たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2012年03月15日

緊張型頭痛と便秘の鍼灸治療

お菓子作りをしている30歳代女性。2月中旬から頭痛が始まり、そのうち治ると思っていたが仕事にも影響するようになったので病院に行き緊張型頭痛と診断を受け鎮痛剤を処方された。CT検査で異常なし。

今の症状は右の後頭部がキンキンと痛い。右の目の奥がゴロゴロして辛い。首肩背中が凝ってしんどいとのこと。鎮痛剤を飲めばしばらくはいいが薬が切れてくると痛くなる。眼鏡は車の運転時のみ使用して仕事中はかけていない。職場は室温が低くほとんど立ちっぱなしで夕方から足がむくんでくる。

眼精疲労の治療から始める。視力検査表と治療室の明るさを指標に目の周囲に円皮針を貼り、前頭部の刺絡をする。肩首背中の凝りに対しては動作診をして対応する経絡の井穴刺絡。仕事のせいか右腕には数ヶ所の圧痛点がある。交感神経抑制の井穴刺絡と頭部刺絡を加える。この段階で右後頭部の頭痛は80%よくなり少し重い感じがする程度になる。足の冷たさがまだ残っているので足低に灸頭針をして終了する。

便秘は便意を我慢しているうちに自然な排便が出来なくなった。生活習慣として夕食が遅く、朝は食欲がなく抜くことが多い。これは腸の動きをよくするため副交感神経の働きをよくする治療とともに、生活習慣(食事、運動、食べ物)を見直し腸をリセットする必要がある。頭痛は2~3回、便秘は1~2ヶ月を目処に治療を継続することにした。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村


  • 同じカテゴリー(脳・精神・神経)の記事画像
    いつまでも続く下まぶたの痙攣(眼瞼ミオキミア)の刺絡治療
    脳出血後遺症による半身のしびれ感と刺絡治療
    20年続いているのどの異物感(梅核気 ヒステリー球)
    眼精疲労による眉間の奥の痛みとうつ症状
    10年来の頭痛、片頭痛、頭皮違和感
    脳梗塞後遺症による視床痛
    同じカテゴリー(脳・精神・神経)の記事
     自律神経失調症と言われた女子高校生 (2017-07-13 19:44)
     帯状疱疹の前兆?背中の痛み (2017-05-26 21:59)
     眼窩内腫瘍手術後の目の不調 (2016-08-01 22:32)
     帯状疱疹後神経痛と疲労感 (2016-07-16 20:21)
     回転性のめまいとぎっくり腰 (2016-06-27 20:40)
     神経痛様の肩首の痛みは帯状疱疹だった (2016-01-13 21:19)

    この記事へのコメント
    こんばんは、楽しみに見させていただいてます。できれば、もう少し書いていただくと、もっと、楽しみが増えます。
     お忙しいでしょうが、先生のブログを楽しみにしている者より
    Posted by ぎんなん治療院 at 2012年03月18日 21:57
    読んでいただいてありがとうございます。週2回くらいはUP出来るよう努力します。
    Posted by へんせきへんせき at 2012年03月19日 21:33
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    緊張型頭痛と便秘の鍼灸治療
      コメント(2)