たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2012年01月25日

腰痛は万病の元

鍼灸院で取り扱う疾患で一番多いのが腰痛であり、腰痛の患者さんを一人も診ない日はない。腰は体の中心にありここの不調をそのままにしていると、やがてその不調は腰だけに留まらず背中、肩、首、頭、膝、足へと波及していく。腰は読んで字の如く肉体の要である。

腰痛の程度や症状は各人各様で当然治療は患者さんごとのオーダーメイド治療でなければいけない。腰痛の原因は腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄、圧迫骨折など原因がはっきりしているものより原因不明とされるものが約85%と圧倒的に多い。

この原因不明の腰痛に対して現代医学が打てる手は限られている。また厄介なことに画像診断でヘルニアが認められてもそれが痛みの原因かどうかは確定できない。ヘルニアを手術で取り除いても痛みが変わらない人もいるし、ヘルニアがあっても痛みを感じない人もいる。治療は体に負担が少ないものから試していくべきだろう。

ただ稀ではあるが(1%)命に関わる腰痛もある。その代表が腫瘍性の腰痛で内臓の癌からの反射痛やがんの骨転移によるものだ。今までに膵臓がん、腎臓がんによる腰痛や乳がんや前立腺がんから骨転移した腰痛を経験したが、2~3回治療してみると何か普通の腰痛とは違うものを感じ全例病院での精査を勧めた。

しかし、ほとんどの腰痛は急性も慢性も鍼灸治療適応である。腰痛は特別な治療をしなくても痛みが治まることも多いが、体のアンバランスは放置しない方がいい。腰痛も体への警告のひとつと考えるべきだ。さらに仮面うつ病、自律神経失調症、LOH症候群など精神やホルモンが関与している腰痛もあるので総合的な診断、治療、相談ができる医療機関を選ぶ必要がある。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村






  • 同じカテゴリー(医療情報)の記事画像
    低線量でも注意したい放射線被曝
    低体温と冷え性
    小児予防接種の相談
    たんぽぽ針灸院の一年
    家庭で出来る灸療法
    関節痛に対するサプリメントの有効性
    同じカテゴリー(医療情報)の記事
     麻酔の日 華岡青洲の業績 (2016-10-13 23:55)
     低線量でも注意したい放射線被曝 (2011-04-08 00:02)
     低体温と冷え性 (2011-03-27 02:16)
     小児予防接種の相談 (2011-03-05 23:05)
     たんぽぽ針灸院の一年 (2010-12-29 23:09)
     家庭で出来る灸療法 (2010-12-12 07:34)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    腰痛は万病の元
      コメント(0)