たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2011年12月10日

腱鞘炎(ばね指とドゥケルバン病)の鍼灸治療

手の腱鞘炎と呼ばれる代表的なものには「ばね指」と「ドゥケルバン病」がある。ドゥケルバン病は聞きなれない病名だが狭窄性腱鞘炎と言い親指側の手首横に起こる腱鞘炎でばね指以上に女性に多い。

原因は「指の使いすぎ」が多いが、中高年の女性では女性ホルモンの低下も考えなければいけない。親指の根元手首のところを2本の腱(長母指外転筋腱、短母指伸筋腱)が一つの腱鞘を通るが、そこの動きが悪くなり炎症が起こり痛みや腫れが出てくるのがドゥケルバン病だ。

このドゥケルバン病が疑われる60歳代の女性の治療をした。左手首の橈骨茎状突起付近が腫れていて手首を動かすと痛いという。この病気の徒手検査にはフィンケルシュタインテストがある。グゥーを握り手首を小指側に曲げると親指側の手首の痛みが増せば陽性。さっそくこのテストをやってみると陽性で、母指側に曲げても少し痛い。

痛みは左肺経、大腸経であるが左右の三焦経の井穴刺絡からはじめ徒手検査をやりながら痛みの変化を診ていった。最後に左大腸経の圧痛点2ヶ所に円皮針を貼り痛みは半分くらいに減ったがまだ満足いくまでにはない。痛みの減少がどのくらい続くのか様子を見てもらい、今日の治療で変化があったツボに自宅でお灸をしていただき3日後にもう一度治療することにした。

病院での治療は装具療法、ステロイド剤ケナコルトの注射、手術療法などがあるが後者二つは経験の多い病院や医師を訪ねたほうがいい。手の構造は複雑で個人差もあるので負担がかかる治療を受ける時は慎重に選ぶ必要がある。幸い調布には手の外科を専門とする整形外科があるので紹介もできる。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村




  • 同じカテゴリー(運動器疾患)の記事画像
    腰痛と便秘・肩の運動制限に井穴刺絡とパイオネックス
    座骨神経痛に対する井穴刺絡と知熱感度測定、シーソー現象
    腰痛と首こり(むち打ち後遺症)に百会の刺絡
    五十肩(急性期)の痛みと井穴刺絡
    鎮痛剤が手放せない緊張型頭痛・首肩の凝り
    ぎっくり腰(急性腰痛)で動けなくなったスポーツマン
    同じカテゴリー(運動器疾患)の記事
     交通事故後遺症による腕のだるさと指先のしびれ (2017-12-09 22:50)
     フラダンスの特訓で股関節痛 (2017-11-01 23:14)
     肩の痛みと肘の痛み (2017-08-14 19:45)
     整形外科で匙を投げられた臀部と下肢痛 (2017-07-27 00:04)
     寝違いで首が痛いと思ったが (2017-06-29 19:16)
     五十肩?2年以上続く肩の痛み (2017-06-16 22:11)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    腱鞘炎(ばね指とドゥケルバン病)の鍼灸治療
      コメント(0)