たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2011年10月04日

1年ぶりの膝関節痛

81歳の女性。予約なしに来院された。カルテを作ろうとしたら1年前に一回治療を受けたことがあると言う。調べるとちょうど1年前に右膝の関節炎で来院されていた。カルテを見ながら話を聞いていると当時のことを思い出した。

そのときは畑仕事をして膝に負担がかかり膝が腫れ少し熱を持っていた。整形外科を受診して数日しての来院だった。一回の治療だったのでその後の経過が分からなかったが、お話によると治療の直後から痛みが取れ腫れも少しずつ引いていき生活に支障なくなったとのこと。

ずっと調子がよかったが今回は3日前に左の膝関節が腫れて痛くなった。夜中も痛みで目が覚めるので整形外科で注射を打ち鎮痛剤をもらったが、薬が合わずに飲めないとのこと。前回のことを思い出し治療に来られた。整形外科では変形性膝関節症と診断された。

右膝と比べると明らかに腫れている。歩くと痛みが出るのでそれを指標に治療を進めた。痛みの場所は膝の内側肝経と脾経、10箇所ほど圧痛がある。足指、足首、そけい部も調べてみる。左脚に体重をかけたときの痛みが減る圧痛点に円皮針を貼っていく。円皮針治療で痛みは半減した。その後頭部に3ヶ所置鍼したまま手の少陽経肘の少し下に鍼をして、ベットに座って左膝をぶらぶらさせた。運動鍼と陰陽交差法の応用で痛みを取るにはよく効く。

運動鍼は1分、頭部の置鍼は10分して歩いてもらうと痛みはほとんどないという。しかししゃがみ込みをしようとすると痛みを感じる。膝の腫れ具合からこれですべてよくなるとは思えないが、ご本人は来たときより楽に歩けるのでよかったとニコニコされている。痛みがまた出てくるのか、腫れが引いていくのか2~3日様子を見てもらうことにした。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村


  • 同じカテゴリー(運動器疾患)の記事画像
    腰痛と便秘・肩の運動制限に井穴刺絡とパイオネックス
    座骨神経痛に対する井穴刺絡と知熱感度測定、シーソー現象
    腰痛と首こり(むち打ち後遺症)に百会の刺絡
    五十肩(急性期)の痛みと井穴刺絡
    鎮痛剤が手放せない緊張型頭痛・首肩の凝り
    ぎっくり腰(急性腰痛)で動けなくなったスポーツマン
    同じカテゴリー(運動器疾患)の記事
     交通事故後遺症による腕のだるさと指先のしびれ (2017-12-09 22:50)
     フラダンスの特訓で股関節痛 (2017-11-01 23:14)
     肩の痛みと肘の痛み (2017-08-14 19:45)
     整形外科で匙を投げられた臀部と下肢痛 (2017-07-27 00:04)
     寝違いで首が痛いと思ったが (2017-06-29 19:16)
     五十肩?2年以上続く肩の痛み (2017-06-16 22:11)

    この記事へのコメント
    初めまして☆
    足跡から来ました(^o^)丿
    数年前、父が逆流性胃炎になった事があり、
    関連記事を読ませて頂きました。
    病気の意味がよくわかっていなかった私にとって、
    とても勉強になりました!!
    ありがとうございました!!

    また来ます♪♪(^◇^)
    Posted by tateyamasantateyamasan at 2011年10月05日 10:48
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    1年ぶりの膝関節痛
      コメント(1)