たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2011年07月27日

後縦靭帯骨化症(OPLL)手術後の首や肩の凝り

首と肩の凝りを治療して欲しいと53歳男性が来院された。問診表を記入していただくと現在降圧剤を服用中で、血糖値もやや高く(空腹時血糖値130)運動療法を続けている。既往歴として5年前に頚椎のOPLL手術をしている。

肩こりの主な原因は高血圧か頚椎後縦靭帯骨化症手術であると思われた。血圧測定すると140/90mmHgとそれほど高くない。後頚部を診ると瘂門の下から身柱付近まで約20cm縦に手術痕が残っている。首は前後に倒すより側屈の方が辛く、肩上部に突っ張り感を訴える。

手と足の井穴刺絡では効果がない。体の正中部に手術痕があり血圧もやや高いので百会の刺絡を試すと半分くらいよくなったと言う。これなら頭部のツボで肩こりは取れると考え、督脈ラインに2穴、後頭部の玉枕付近の圧痛点を取穴した。これで70%よくなった。また目がすっきりしてきたと言う。おそらく玉枕が効いているのだろう。

これだけの手術痕があると普通は傷跡の上やその周囲に圧痛や硬結があるのだがこの患者さんには見つけられない。しかし左手の合谷と魚際付近に激痛点を見つけた。そこのコリに鍼を1cmほど刺して首を動かしてみると残りの凝り感と痛みもほとんど解消した。

今回は首肩には鍼をせずに治療した。また凝ってきたらもう一度治療を受けたいとのことなので次回は患部に直接鍼をしてどちらが効果的か聞いてみたい。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村




  • 同じカテゴリー(運動器疾患)の記事画像
    腰痛と便秘・肩の運動制限に井穴刺絡とパイオネックス
    座骨神経痛に対する井穴刺絡と知熱感度測定、シーソー現象
    腰痛と首こり(むち打ち後遺症)に百会の刺絡
    五十肩(急性期)の痛みと井穴刺絡
    鎮痛剤が手放せない緊張型頭痛・首肩の凝り
    ぎっくり腰(急性腰痛)で動けなくなったスポーツマン
    同じカテゴリー(運動器疾患)の記事
     五十肩(肩関節周囲炎)の刺絡治療 (2018-04-06 19:44)
     ランナーのハムストリング痛 (2018-03-18 20:21)
     超健康優良高齢者の肩痛 (2018-02-28 23:22)
     交通事故後遺症による腕のだるさと指先のしびれ (2017-12-09 22:50)
     フラダンスの特訓で股関節痛 (2017-11-01 23:14)
     肩の痛みと肘の痛み (2017-08-14 19:45)

    この記事へのコメント
    先生、こんにちは。いつも勉強させて頂いております。
    頭のツボが効果的な興味深い症例ですね。
    左手(合谷・魚際)の圧痛点をお探しになったのは、どのようなお考えからですか?
    私は治療に行き詰まると、経絡に関係なく手足をあちこち探すことがあります。しかし、なかなかヒットしないです。効果的な圧痛点の場所の求め方を教えて頂けたら幸いです。
    Posted by なかむら at 2011年07月29日 18:45
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    後縦靭帯骨化症(OPLL)手術後の首や肩の凝り
      コメント(1)