たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2011年07月13日

トリガーポイントによる首肩背中痛の解消

32歳男性会社員。1年くらい前から肩が凝ると頭痛を感じていた。半年前からは仕事を始めて1~2時間すると首肩背中が痛くなり、同時に頭痛もする。一番痛くなる場所は後頭部の付け根から胸椎の6番付近までで、首の前後屈や側屈で痛みがひどくなる。

最初整骨院に行ったが治らないので、整形外科で頚椎と胸椎のレントゲン検査を受け骨に異常がないことを確認して鎮痛剤とリハビリを2ヶ月続けているところだ。鎮痙剤では眠気が出て使えず、鎮痛剤の効果が感じられないので鍼をしようと思われた。

痛みが出ている筋肉は僧帽筋だが触診では胸鎖乳突筋の凝りがひどい。近視で眼鏡をかけているので目の疲れはどうかと聞くと、パソコン作業で目もとても疲れると言う。治療は先ず胸鎖乳突筋の緊張を取り眼精疲労の鍼をすれば主訴はよくなると思われた。

しかしこれでは首の前後屈と側屈での痛みが2割位しか改善しない。手足の遠隔治療や頭部の治療も今一歩で細かく触診してポイントを探した。この方は大手電気メーカーの技術者で治療効果の判定も効く、効かないを数値ではっきり申告してくれた。

ポイントは痛い場所とは離れた棘下筋の中にあった。左棘下筋の中に4ヶ所、右棘下筋の中に3ヶ所の治療点があり、ここに深さ約1センチの鍼で痛みはほぼ消失した。経絡は小腸経で仕上げに井穴刺絡をした。最初のうちは治療後2~3日で元に戻っていたが週1回の治療を4回続けたら効果も長続きしてきた。仕事との関連が深いので目や首、肩、背中の疲れを溜めないような工夫をして生活の中に運動を取り入れるようにされている。彼の場合棘下筋にトリガーポイントが形成されていたと考えてもいい。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村


  • 同じカテゴリー(運動器疾患)の記事画像
    腰痛と便秘・肩の運動制限に井穴刺絡とパイオネックス
    座骨神経痛に対する井穴刺絡と知熱感度測定、シーソー現象
    腰痛と首こり(むち打ち後遺症)に百会の刺絡
    五十肩(急性期)の痛みと井穴刺絡
    鎮痛剤が手放せない緊張型頭痛・首肩の凝り
    ぎっくり腰(急性腰痛)で動けなくなったスポーツマン
    同じカテゴリー(運動器疾患)の記事
     体重増加による足のむくみと膝痛 (2018-07-22 23:00)
     激痛の五十肩一回の治療で大幅改善 (2018-06-27 00:10)
     坐骨神経痛による臀部の激痛 (2018-05-20 16:24)
     五十肩(肩関節周囲炎)の刺絡治療 (2018-04-06 19:44)
     ランナーのハムストリング痛 (2018-03-18 20:21)
     超健康優良高齢者の肩痛 (2018-02-28 23:22)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    トリガーポイントによる首肩背中痛の解消
      コメント(0)