たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2011年06月06日

一年続く坐骨神経痛

大阪で「はりきゅう中村」を開業されている中村先生から紹介されたと30歳代の会社員が来院された。主訴は右側の坐骨神経痛、臀部からかかとの外側にかけての痛みが続いているそうだ。

今までの経過を聞くと、22年6月中旬にギックリ腰を起し1週間会社を休んだ。痛みは治まったが臀部から大腿部が突っ張る感じが続いていた。8月になり突っ張った感じが痛みになり、近所の鍼灸院に3回通院したがよくならず9月に整形外科を受診してレントゲンとMRI検査をした。結果は軽度のヘルニアが認められた。治療は湿布、鎮痛剤、コルセット、マッサージで鎮痛剤が効いている間は痛みが軽くなるが切れると痛みがぶり返す毎日である。

朝方4時ごろ痛みで目が覚め、仕事柄座っている時間が長くなったり座っている状態から立ち上がろうとする時は特に痛くなる。鍼灸治療もこの1年で20数回受け3月半ばからは週2回のペースで16回受けたが思ったほど改善せず、困った末インターネットで「はりきゅう中村」を知り相談された。鍼灸の治療法にはいろいろなやり方があるので別の治療法を試してみるように助言され、当院を紹介された。今日は薬を飲まず痛みが出ている状態で来院された。

こんなに長引いているのは何か理由がある訳でそれを探し出すことと、どこに痛みが軽くなるポイントがあるのか丁寧に調べていくことが必要になる。前の鍼灸院でやらなかったトリガーになっている傷跡や手術痕
の検査、頭部のツボや井穴と痛みの関係を中心に治療を行なう。最初に比べ30~40%軽くなったのでここで終了してすぐにぶり返すのか、この状態が仕事をしても続くのか様子をみてもらうことにした。また「トリガーポイントブロック注射」も効果がありそうなので「じんだいじクリニック」を紹介した。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
治療して効果が出ない場合の対処。私は最長5回治療しても何の変化も出ないときは、視点を変えて診療すべきだと思うので私の治療は中止して他の治療法ないし医療機関を受診するよう勧めている。当院に来院される患者さんの中に、漫然と何ヶ月も時には年単位で治療効果を認められない治療を受けている方がいらっしゃるがもっと早く自分に合う治療を積極的にさがすことが賢明と考える。


  • 同じカテゴリー(運動器疾患)の記事画像
    腰痛と便秘・肩の運動制限に井穴刺絡とパイオネックス
    座骨神経痛に対する井穴刺絡と知熱感度測定、シーソー現象
    腰痛と首こり(むち打ち後遺症)に百会の刺絡
    五十肩(急性期)の痛みと井穴刺絡
    鎮痛剤が手放せない緊張型頭痛・首肩の凝り
    ぎっくり腰(急性腰痛)で動けなくなったスポーツマン
    同じカテゴリー(運動器疾患)の記事
     五十肩?2年以上続く肩の痛み (2017-06-16 22:11)
     1か月続く右上腕の痛み (2017-05-31 21:34)
     右肘が痛くてやかんが持てない (2017-05-24 22:33)
     後骨間神経麻痺と頸椎ヘルニア (2017-02-04 19:59)
     跳び箱で着地失敗、首が痛い (2017-01-21 22:32)
     帝王切開や子宮筋腫の手術痕が原因の腰痛 (2017-01-16 21:26)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    <?=$this->translate->_('削除')?>
    一年続く坐骨神経痛
      コメント(0)