たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2011年04月02日

大地震後の不眠症

東京は微量の放射線が測定されているが直接の被災地ではない。しかし精神的に不安定になっている方も多いようだ。五十肩の治療をしている女性から娘さんが不眠症になり睡眠導入剤を飲み始めたとの話を伺った。原因は被災した東北地方の取引先との仕事で過度のストレスがかかったことのようだ。

このようなとき自律神経は交感神経が亢進して不眠を始め、各自の弱いところ(感受性の高いところ)にさまざまな症状を引き起こす。胃痛、耳鳴、不整脈、動悸、頭痛なども同様である。ストレスがかかり続けると器質的疾患やうつ症状に発展する。被災地の方々の心の痛手はいかばかりか、専門的な対応が急がれる。

しばらく仕事を離れることがベストだが、短期的には睡眠薬を服用した方がいいと思う。長期に続けたり服薬量が次第に増えていくようなら注意が必要で、安全性は高いがどの睡眠薬でも依存性や習慣性はゼロではない。

本来、人間は一日25時間の体内時計を持っていて生活リズムで24時間に合わせている。不眠症対策として生活習慣を少し変えてみることを勧めた。①早起きをして一定時間太陽の光を浴びる。②朝食をしっかり摂る。③日中できるだけ体を動かす。④夕食を早めに済ませる。⑤暗くなったら明るいところをなるべく避ける。⑥交感神経の緊張を抑えるお灸を手足4ヶ所にやる。

お若い方なので交感神経の緊張が治まり体内のリズムが戻れば、薬に頼らなくてよくなるだろう。今日は多摩川住宅の周辺と野川沿いを自転車で走ったが、ソメイヨシノがちらほら咲き始めていた。世の中重苦しい雰囲気に包まれているが、今年も桜の季節が廻って来た。

写真の桜は「ソメイヨシノ」より少し早く咲く「ジンダイアケボノ」神代植物公園で3分咲き。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村




  • 同じカテゴリー(脳・精神・神経)の記事画像
    いつまでも続く下まぶたの痙攣(眼瞼ミオキミア)の刺絡治療
    脳出血後遺症による半身のしびれ感と刺絡治療
    20年続いているのどの異物感(梅核気 ヒステリー球)
    眼精疲労による眉間の奥の痛みとうつ症状
    10年来の頭痛、片頭痛、頭皮違和感
    脳梗塞後遺症による視床痛
    同じカテゴリー(脳・精神・神経)の記事
     自律神経失調症と言われた女子高校生 (2017-07-13 19:44)
     帯状疱疹の前兆?背中の痛み (2017-05-26 21:59)
     眼窩内腫瘍手術後の目の不調 (2016-08-01 22:32)
     帯状疱疹後神経痛と疲労感 (2016-07-16 20:21)
     回転性のめまいとぎっくり腰 (2016-06-27 20:40)
     神経痛様の肩首の痛みは帯状疱疹だった (2016-01-13 21:19)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    大地震後の不眠症
      コメント(0)