たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2011年03月05日

小児予防接種の相談

一歳児の母親。小児はり治療が終わった後、これから子供にいろいろな予防接種をしなければならないが安全性に一抹の不安がある。どう考えたらいいのかお尋ねがあった。接種したほうがいいと分かっていても、「予防接種後に乳幼児4名死亡」というような報道に触れると二の足を踏む気持ちももっともだ。

日本は医療先進国と思われているが、こと予防接種に関してはとても遅れている。ポリオワクチンはいまだに生ワクチンが主流だし、海外では当然定期接種されているものが日本では任意接種で子供にどのようなスケジュールで接種していけばいいのか親がひとりでは決めることが難しい。接種方法も海外の筋肉注射に対して皮下注射。

VPD(ワクチンで防げる病気)に罹ると「麻疹やおたふくかぜ」のようなよく知られた病気でも重い後遺症が残る場合がある。現在の日本では感染症の脅威が昔に比べ減っているが、もし予防接種がなくなったら多くの命が失われ、多くの人が後遺症に苦しむことは明らかだ。医療が進歩した現在でもVDPに罹ると根本的な治療法はない場合も多い。

100%安全な医療はないが、ワクチンは他の医薬品より安全性は確立されている。世界中で多くの人に使用され接種後の調査がこれほど徹底されているものはないだろう。副反応としては接種したところが赤くなる、少し熱が出る程度の軽いもので、ワクチン接種しないで重症化した場合の危険性とは比べるべくもない。

接種時の体調、アレルギー、使っている薬などをチェックし、主治医とよく相談して安心して受ければいいと思う。3月1日から7日までは「子ども予防接種週間」、今の予防接種法は昭和23年に成立したもので現状に充分対応できていない。子供手当ての現金支給より子ども予防接種の充実を含め子供の将来を考えた使い道があると思う。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村





  • 同じカテゴリー(医療情報)の記事画像
    腰痛は万病の元
    低線量でも注意したい放射線被曝
    低体温と冷え性
    たんぽぽ針灸院の一年
    家庭で出来る灸療法
    関節痛に対するサプリメントの有効性
    同じカテゴリー(医療情報)の記事
     耳の症状が多かった今年の治療 (2017-12-30 18:41)
     麻酔の日 華岡青洲の業績 (2016-10-13 23:55)
     腰痛は万病の元 (2012-01-25 23:56)
     低線量でも注意したい放射線被曝 (2011-04-08 00:02)
     低体温と冷え性 (2011-03-27 02:16)
     たんぽぽ針灸院の一年 (2010-12-29 23:09)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    小児予防接種の相談
      コメント(0)