たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2010年11月18日

間質性膀胱炎の治療経過

11月3日の記事で紹介した間質性膀胱炎と思われる患者さんの治療を昨日までに5回行なった。11/3初回治療の後、当日激痛は無くなったが鈍痛が時々ある。翌日朝は調子がよかったが午後からまた激痛が起こる。

11/5、二回目の治療。使用したツボは初回とほぼ同じだが円皮針を肝経に貼る。11/8まで激痛はなく、鈍痛の程度も治療前の6割程度に軽減する。トイレの間隔は10分~15分というようなことは無くなり1時間~1時間半くらいは大丈夫になる。夜も痛みで目が覚めなくなる。治療効果を感じてきたそうだ。

11/8の三回目の治療では頭のツボを1穴増やし、下腹部に圧痛点1ヶ所に知熱灸5壮追加する。11/12に四回目の治療をするが、前回治療から残尿感がなくなり鈍痛を感じる時間も少なくなった。トイレは2時間以上行かなくていい時もあり、仕事に支障をきたすことも無くなった。

11/17、五回目の治療。前回の治療から膀胱炎の痛みはほとんど無く土曜日には外出したが3時間以上トイレに行かずに済んだ。しかし昨日今日とまだ少しトイレが近いような気がする。今日生理が始まったが、7月10月と悪化したのは生理が来て数日後だったので今回はどうなのか少し不安と仰る。しかし何軒も病院廻りをして治らなかった症状がよくなってきたのでとても希望が持てるようになったそうだ。

五回目の治療時には下腹部の圧痛も消失していて、痛みに関してはほとんど完治したといってもいいと思う。トイレが近く感じるのは膀胱炎の症状よりいままでのことが脳にしみ込んでいることによる神経性のものとも考えられる。痛みがこのまま完全に治まり、トイレが気にならなくなるかもう少し経過観察することにした。なお初回治療の後から鎮痛剤はじめ薬は飲まずに過ごしている。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村


  • 同じカテゴリー(泌尿・生殖器)の記事画像
    慢性前立腺炎による激しい前立腺痛
    絶え間ない尿意切迫感・頻尿と排尿痛
    急性膀胱炎に効果があった一例
    慢性前立腺炎らしい頻尿
    過活動膀胱の悩みと鍼灸
    急性膀胱炎と間質性膀胱炎の鍼灸治療
    同じカテゴリー(泌尿・生殖器)の記事
     過活動膀胱・夜間頻尿の鍼灸治療 (2015-11-01 21:18)
     慢性前立腺炎による会陰部灼熱感と手足のほてり (2014-09-28 22:45)
     急性膀胱炎から排尿困難(神経因性膀胱?) (2014-06-20 21:54)
     排尿恐怖で自宅以外で用がたせなくなった女子高生 (2014-05-12 22:12)
     慢性前立腺炎による激しい前立腺痛 (2013-01-10 00:25)
     絶え間ない尿意切迫感・頻尿と排尿痛 (2012-08-27 00:14)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    間質性膀胱炎の治療経過
      コメント(0)