たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2010年11月14日

胃痛と背中の痛みの鍼灸治療

40歳代女性。2週間くらい前から背中の中央(Th8)付近に鈍痛があり同時に胃の痛みが気になっていたそうだ。夕食が不規則だったり刺激物を少し食べ過ぎたりしたことが原因かと思いしばらく軽い食事にして様子を見ていたがよくならないので5日前に掛かりつけ医に行った。

この方の父親が数ヶ月前膵臓癌でお亡くなりになっているので、背中の痛みは気になり受診された。医者はCEAやCA19-9など消化器系の腫瘍マーカーも含めた血液検査をして特に異常はないのでタケプロンとセルベックスを処方ししばらく飲んでよくならないようなら胃内視鏡と腹部エコーの検査をしようとのことだった。

腹診をしてみると心窩部に圧痛がある。背部を触診するとTh8・9とその3cm外側に圧痛がある。その他自覚症状を聞くと胃が重く少し痛いそうだ。この圧痛と胃の不快感が鍼治療でどう変わるかを目安にした。胃の治療は胃の動きが悪くなっている場合と胃酸が出過ぎる様な場合とでは使用するツボが違う。

自律神経的には交感神経亢進、副交感神経亢進どちらでも胃の症状は起こる。この方は左胃経と左脾経の治療で胃の痛みが変わってきた。百会の刺絡をすると背中の痛みはほとんど取れた。治療終了の時点で胃の痛みは8割背中の痛みは9割改善した。この状態がどれくらい続くか、すぐに元に戻るのか様子をみていただくことにした。                                        
                                                
内視鏡検査をしても胃粘膜に何の異常もないが胃痛、膨満感、胃もたれ、などの自覚症状を感じる機能性ディスペプシアも増えている。これは鍼灸治療の対象と考える。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村


  • 同じカテゴリー(胃腸・消化器)の記事画像
    胃腸の不調からくる背中や腰の強張り
    腰痛と便秘・肩の運動制限に井穴刺絡とパイオネックス
    食欲不振と下痢が続き体に力が入らない主婦
    小児の潰瘍性大腸炎・寛解維持の鍼灸治療
    しつこい下痢・過敏性腸症候群の井穴刺絡鍼灸治療
    眼精疲労と胃の不快感
    同じカテゴリー(胃腸・消化器)の記事
     痔出血の鍼灸治療 (2017-08-19 22:50)
     急性虫垂炎に井穴刺絡とお灸・ピソマ (2015-08-24 22:31)
     潰瘍性大腸炎の高校生にお灸と井穴刺絡 (2014-11-12 22:26)
     大腸がん検診(便潜血反応と腫瘍マーカー) (2014-10-02 21:31)
     ピロリ菌除菌・逆流性食道炎・機能性ディスペプシア (2014-09-23 22:19)
     慢性便秘に対する井穴刺絡 (2014-08-16 19:21)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    胃痛と背中の痛みの鍼灸治療
      コメント(0)