たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2010年07月27日

長崎から始まった医学

鎖国の江戸時代、日本で唯一外国に門戸を開いていた長崎。長崎の港に西洋医学(オランダ医学)が伝えられやがて全国に広がっていく。もっとも有名な人物はシーボルトだが、個人的にはポンペの果たした役割は大きかったと思う。興味のある方は長崎大学付属図書館医学分館の資料をご覧ください。



長崎の港は7月22日から26日まで長崎帆船まつりで賑わった。軍艦島上陸クルーズの途中、入港中のロシアの帆船2隻とすれ違った。軍艦島(正式名称 端島)は1974年炭鉱の閉山で無人島となったが昨年4月から一部上陸が可能となった。



クルーズから戻ると港には7隻の帆船が接岸していて、日本丸、海王丸、ロシアのパラダ、ナジェジュダの他「竜馬伝」で咸臨丸に変身した観光丸も近くで見ることが出来た。



皮肉なことに西洋医学が広まるにつれ鍼灸や漢方は片隅に追いやられることになるのだが、決して絶えることなく現在に至るまで命脈を保っている。古典を学ぶとそこに本質的な真理を感じる。病気の方や体調が悪い方に病院とは違うフォローが出来れば医療人として幸いである。


  • 同じカテゴリー(医療情報)の記事画像
    腰痛は万病の元
    低線量でも注意したい放射線被曝
    低体温と冷え性
    小児予防接種の相談
    たんぽぽ針灸院の一年
    家庭で出来る灸療法
    同じカテゴリー(医療情報)の記事
     耳の症状が多かった今年の治療 (2017-12-30 18:41)
     麻酔の日 華岡青洲の業績 (2016-10-13 23:55)
     腰痛は万病の元 (2012-01-25 23:56)
     低線量でも注意したい放射線被曝 (2011-04-08 00:02)
     低体温と冷え性 (2011-03-27 02:16)
     小児予防接種の相談 (2011-03-05 23:05)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    長崎から始まった医学
      コメント(0)