たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  調布市 調布市

2011年01月29日

インフルエンザ流行に備えて

インフルエンザの患者が急増しているとの報道である。今週インフルエンザのため二人が予約をキャンセルされた。一昨年の新型インフルエンザの流行で、昨今の報道をみるとインフルエンザが何か恐ろしい死の病のようになりつつあるようだ。

しかし、基礎疾患のある人、高齢者や乳幼児、体力が落ちている人以外の元気な大人ならかかっても大騒ぎするような病気ではない。確かにインフルエンザは普通の風邪と違い高熱、関節痛、頭痛など症状が激しく2~3日は辛い思いをするが、通常1週間程度で治る。元気な人なら自然に治る病気で、人にはそのような自然治癒力が備わっている。

罹患した時一番いけないのは風邪薬などで症状を無理やり押さえつけ体を休めないことだ。そうこうしているうちに肺炎や気管支炎になると厄介だ。子供の場合解熱剤で脳炎のリスクが高まる。タミフルやリレンザが特効薬といわれているが、感染の初期に使い症状の軽減と治るのを平均1~2日短縮するくらいだ。医者に罹るのは肺炎など他の病気を除外するためでインフルエンザと診断されたら先ず体を休ませること。

マスクで感染予防は難しいが、冷たくからからの空気を温め咽喉を潤す効果はある。うがいはしないよりいいが咽喉の奥を洗い流すことは出来ない。手洗いは一番効果がある。こまめに手を洗いむやみに鼻や口を触らないようにすることは大切だ。熱を下げる刺絡、関節痛や咽喉痛を軽くするお灸などの対処療法を習っておくと家族が罹ったとき役に立つ。当たり前だが睡眠、食事、ストレス、運動などに気をつけ抵抗力を落とさないようにしたい。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

  続きを読む

  • Posted by へんせき at 00:40Comments(1)呼吸・循環器

    2010年12月15日

    風邪の治療に足湯・お灸・刺絡

    インフルエンザはまだだが、風邪が流行っている。中国医学で風邪は中風、傷寒、温病とか太陽病、少陽病、陽明病、太陰病、少陰病、厥陰病などに分類されるが、分かりやすいのは症状によって二つに判別し対策を立てること。世界共通の風邪対策は、足湯で発汗、蒸気で咽喉を潤し、ビタミンCの多い食べ物を摂ること。

    風邪を大別すると、①交感神経の風邪 これは高熱が出て関節が痛む。鼻は詰まり青っ洟、頭痛もひどく咽喉が痛く声が出なくなる。咳き込んで呼吸が浅くなる。②副交感神経の風邪 微熱が続き体がだるくなる。鼻が詰まっても鼻水は透明。頭痛はボォーとした頭重感。

    ①に対しての足湯は体が温まって、ほんのり汗をかく程度で気持ちよくなったら着替えて寝る。38℃くらいのお湯で始め徐々に温度を上げ20分後に44℃にしてさらに10分程が目安。②に対しては熱い足湯で、たっぷり汗をかいてさっぱりして寝る。40℃くらいから始め10分後に46℃にしてさらに10分程温める。

    お灸も①と②では直接灸と知熱灸を使い分ける。急性の激しい症状には刺絡が効果的だ。直後効果として0.5~1℃くらい熱が下がる。お灸も刺絡も少し指導を受けると誰でも出来るようになる。薬アレルギーのある人や妊婦さんは是非マスターしていただきたい。昨日来院の51歳の男性は②の風邪、1週間前から調子が悪いそうだ。直接灸(糸状灸)中心の治療をした。

    最後に玉子酒の作り方。玉子は黄身と白身を分け、黄身だけ使う。日本酒90cc、水90cc、砂糖適量を鍋に入れ沸騰させアルコールを飛ばす。火を止めると同時に溶いた黄身を入れかき混ぜる。いずれにしても風邪を引く時は抵抗力が落ちているので体を休め、体力回復に努めることが肝要だ。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 23:58Comments(0)呼吸・循環器

    2010年11月25日

    Ⅲ度高血圧の鍼灸治療

    高血圧の分類で一番重症のⅢ度高血圧の方が奥さんに連れられて来院された。元来血圧が高いと会社の健診で指摘されていたが自覚症状がないので放って置いた。しかし今回の健診で204/110mmHgで3日後再測定があり190/110mmHg。

    血圧指導があり1週間後にまた測定されるとのこと。自分の健康管理に無頓着であってもこれはまずいと思い近所の医者にかかり薬をもらい5日間飲んだが下がらないので、奥さんから鍼をするように説得され来院の運びとなった。奥さんは体の不調はほとんど鍼治療で対処される鍼灸理解者である。

    治療前に血圧測定すると180/108mmHg。手と足の治療をした後で170/105mmHg、次に体幹部の治療を加えた後で164/100mmHg、最後に頭部二穴に鍼をして測定すると158/98mmHgまで下がった。下がりはしたがこれは一時的な効果なので長期的に正常値に近づけていくには、治療の継続、生活習慣の見直し、さらにこの方はⅢ度高血圧なので薬物治療も必要だと思われる。

    奥さんには治療を見学してもらい自宅でのお灸のやり方を指導した。ご本人には先ずはタバコを1日3本以内に減らすようにしていただいた。血糖値もやや高いそうなので医者は生活習慣病に詳しい循環器内科医を紹介した。高血圧の治療は長期に継続していく必要があるが、薬が不要になった人もいる。

    日本では近年徐々に高血圧の基準値が引き下げられてきた。今の基準では130/85mmhg未満を正常とし、140/90mmHg以上は高血圧とされるが、血圧は年齢と共に少しずつ上がっていくので自覚症状がなく危険因子がなければ1969年の基準150/100mmHg未満を目安に管理していけばいいのではないかと思う。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村

      

  • Posted by へんせき at 00:38Comments(0)呼吸・循環器

    2010年11月20日

    禁煙補助治療としての鍼灸

    タバコ値上げを機に禁煙しようと禁煙外来を受診する人が増加し、経口禁煙治療薬チャンピックスの供給が間に合わず新規患者は予約待ちとの報道があった。禁煙を希望している30歳代の女性が禁煙を成功させるために鍼灸を利用したいとのことで来院された。

    この女性は4年前テニスで手首を痛めた際一度の鍼灸治療でよくなったことがあり鍼灸に対して信頼をお持ちだ。喫煙歴は13年、一日約20本吸っている。今まで禁煙しようと思ったこともなくニコチンやタールの含有量など気に留めたこともなかった。

    しかし来年結婚を予定しているので将来的に妊娠、子育てを考えた時タバコは止めるべきだと考えたそうだ。さらに喫煙者の父親の肺気腫とタバコは吸わないが母親の喘息を見ているのも禁煙動機になっているようだ。

    喫煙は本人の嗜好で吸っていると思われがちだが喫煙者の7割はニコチン依存によるものだ。ニコチン依存の仕組みはタバコを吸うとニコチンが脳内のアセチルコリン受容体にくっつき、ドパミンが放出されることによる。禁煙外来ではニコチンパッチかチャンピックスによる治療で自力だけの禁煙より1.6~3.2倍成功するという報告がある。

    この患者さんは禁煙動機がはっきりしているし意志も強そうなので吸いたくなった時に適切な対処法を知っていれば副作用もある禁煙治療薬を使わなくても成功すると思う。鍼灸の治療は腎経(脳)と肺経(呼吸)を中心に頭部のツボを使い神経のイライラ感を抑えることを目的とした。そして吸いたくなった時に円皮針を手のツボに貼り押圧刺激する方法を指導した。最後に私が二十数年前禁煙したときの経験談を話して初回の治療を終わった。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村  

  • Posted by へんせき at 23:56Comments(0)呼吸・循環器

    2010年10月30日

    風邪やインフルエンザの季節を迎えて

    この2~3日の急な気温の低下は秋を通り越していきなり冬の到来を感じさせるようだ。体が暑さから寒さに順応するのには個人差はあるが10日から2週間かかるといわれている。体調を崩された方も多いと思う。

    昨年の今頃は新型インフルエンザの流行でマスクや消毒薬が品切れになったり、ワクチン供給が間に合わないなど思い出す。すでにインフルエンザの予防接種も始まっているがこれからの季節、風邪、インフルエンザ、肺炎には充分気をつけたい。

    自分でできる予防法はすべて同じだ。①人ごみを避けるー電車やバスの中ではマスクを使用する。②手洗い、うがいの励行ー外出先では鼻や口などを不用意に触らない。手洗いは石鹸を使いていねいに洗う。③保温、保湿に注意するー体が冷えると血行が悪くなり抵抗力が落ちる。また風邪やインフルエンザウイルスは低温乾燥を好む。部屋の換気も大切。④睡眠と栄養を充分取り疲れをためないー体を温める食材を利用。睡眠時、口呼吸をしている人はマスクをして寝るといい。

    インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンは高齢者や基礎疾患がある場合は重症化を防ぐ意味で接種した方がいいと思う。高齢者は風邪と思っていても肺炎を起こしていることも多いので風邪症状の後「息苦しい」「胸が痛い」「呼吸が速い」などの症状があれば医療機関を受診すること。

    風邪予防には何より抵抗力を落とさない生活が大切だ。普段から一月1週間程度「足の三里」や背中の「志室」首の「大椎」にお灸を続けるといい。風邪やインフルエンザに罹ったら安静にして体力回復に努めることだが「咽喉の痛み」や「発熱」には対処療法として刺絡が有効だ。

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    にほんブログ村

      

  • Posted by へんせき at 23:34Comments(0)呼吸・循環器

    2010年05月06日

    風邪のはり灸治療

    このゴールデンウィーク中は五月晴れが続き不順な天気もやっと安定したようだ。ただ昼夜の気温の差が大きいせいか風邪をひいた患者さんが連休中2名お見えになった。

    一般的に風邪の治療に鍼灸を第一選択にする人は少ないと思うが、時期とやり方を間違えなければ有効な方法と思う。風邪のタイプとして大別すると陽的な風邪(発熱 咳 頭痛など症状がひどいが割と早く治る)と陰的な風邪(熱はなく体がだるくいつまでもすっきりしない)に分類できる。

    思えば昨年の今頃は新型インフルエンザで大騒ぎしていたがこれは一般の風邪とは一線を画した方がいい。陽的な風邪は交感神経抗進タイプで陰的な風邪は副交感神経抗進タイプと考えてもいい。どちらも鍼で亢進している自律神経を抑えそのうえで随伴症状(咳 吐き気 下痢 咽喉の痛み等)に関係している経絡の治療や特定の症状に効く特効穴に治療を加える。妊婦さんのように薬が使いにくい人は鍼灸を利用して欲しい。

    風邪は誰でも罹るもので子供は風邪を引きながら免疫を獲得していく。大人もたまに熱を出すと体の中の大掃除になると言われているので必要悪の意味もある。しかし基礎疾患がある人は風邪を契機に悪化することがあるので注意が必要だ。

    自宅でできる予防法は寒風摩擦などで皮膚を鍛える、食べ過ぎや睡眠不足で抵抗力を弱めないことだ。家庭に艾を常備しておきゾクゾクとしたりくしゃみをした時早い時期に首の後ろの大椎や風門のツボを温めることも効果がある。また数種類の漢方薬を常備して専門家の指示を受け服用するのもいいと思う。  

  • Posted by へんせき at 16:34Comments(0)呼吸・循環器

    2010年03月24日

    結核(咳や喘息)とお灸

    今日3月24日は世界結核予防デーだ。1882年細菌学の泰斗ロベルト・コッホが結核菌を発見した日を記念しWHO(世界保健機関)が1997年に制定した。

    3月上旬多摩府中保健所管内で中高生の集団感染があった旨報道があった。結核は昔の病気と思われがちだが東京で毎年3500人以上全国で25000人以上発症している。今回感染が広がったのは最初の患者が受診した4ヶ所の医療施設で見逃され症状が出てから診断されるまで数ヶ月も時間がかかったことにある。

    画像診断も細菌培養にしても近年とても精度が高くなっているが医療者の側に経験と勘と想像力がなければそれを生かすことができない。結核と診断されても排菌してなければ通院治療で3~4種類の薬を半年から1年飲めばいい。中途半端な服薬をすると耐性菌ができるので注意を要する。

    最近ほとんど見なくなったが私が鍼灸師になりたての頃は時々背中に大きい灸痕を残した患者さんを診た。その灸法は打膿灸といって大きい艾で直接皮膚を焼きその痕に膏薬を貼り排膿を促すやり方である。目的は生体反応を利用し免疫力を上げ病気に対抗したものである。抗生剤がない時代結核にもよく利用された。

    江戸時代後期の名医 原南陽(痔の薬乙字湯で有名)は灸をよく使った。現代では余程のことでない限り打膿灸をする機会はないが普通の灸でも鍼とは違う効果があるので一度経験なさってはいかがでしょう。風邪の後いつまでも続く咳や軽い喘息発作の咳などの呼吸器症状に効果があります。  

  • Posted by へんせき at 20:44Comments(0)呼吸・循環器